トイレのつまりの前兆とは

トイレのつまりの前兆とはどのようなものなのでしょうか?トイレのつまりの可能性が考えるのであれば、すぐに対応すれば、自力でトイレのつまりを解消することもできるはずです。
自力で解消することを可能にしてくれる道具をあらかじめ購入しておくこともお勧めです。

トイレのつまりの初期症状

トイレのつまりの初期症状は、水の流れが悪くなることによって察知することができます。
そのままにしておくとどんどん水が流れにくくなってしまいますので、多量のお湯を便器に流すことをしてみてもいいでしょう。
水よりもお湯の方がトイレのつまりには効果が出てくることが多いはずです。
また、100均ショップなどで販売されているトイレのつまりを解消するための道具を購入しておいて、それを使ってトイレのつまりを解消してみてもいいでしょう。
これらの方法がトイレのつまりの解消することが出来るのは初期症状の段階だけですので、トイレのつまりの兆候を感じたらできるだけ素早く対処することが必要です。
一応念のために、トイレの配管などからの水漏れの有無は業者に依頼して確認しておく方が家屋へのダメージを減らすことが可能になるのでお勧めです。

トイレのつまりの悪化

トイレのつまりの初期症状をそのままにしてしまうと悪化させてしまうことになります。
悪化させてしまうとお湯を流したり、解消グッズを使うということは全く意味をなさなくなってしまいます。
完全にトイレがつまった状態になってしまった場合には、トイレの配管部分をすべて交換することが必要になります。
もちろんそのような交換修理は自分ですることはできません。
専門の業者に依頼することが必要です。
トイレがつまった状態は一刻も早く解消したいはずですので、24時間365日いつでも対応してくれる工事業者にコンタクトを取るようにすることが肝要です。

日ごろから考えておくこと

トイレのつまりはトイレが新品の間はほとんど起こらないと考えておいていいのですが、トイレが劣化してくると起こりやすくなってしまいます。
トイレの耐久年数はおよそ10年と言われていますので、7-8年経ったあたりからトイレのつまりの可能性を考えておくことが必要になります。
トイレットペーパー以外の紙は絶対に流さないようにすることが必要です。
トイレに流す紙の量を減らすためにウォシュレット機能を搭載するようにしてもいいでしょう。
トイレに汚れが付着しているとトイレのパイプの劣化が起こりやすくなってしまいますので、こまめに掃除をするようにすることも必要です。
トイレの掃除は自分で行ってもいいのですが、あまりにも忙しい毎日を送っている場合には、業者に掃除をお願いしてみてもいいでしょう。
トイレのつまりの事を常に考えながら用を足すのは不便なものですので、7-8年トイレを使ったらトイレを新しくするということもお勧めです。

まとめ

トイレのつまりの前兆は水の流れを確認しておけば比較的簡単に察知することができます。
初期の段階でしたら、自力でトイレのつまりを解決することも可能です。
放置してしまうと、トイレのつまりを自力で解消することはできなくなってしまいますので、専門の業者に工事を依頼することが必要になります。
また、トイレには普段から詰まりやすい物は流さないようにすることもお勧めです。
更には、トイレのパイプ部分の劣化を防ぐことを考えて、こまめにトイレの掃除をすることも必要です。
自分で掃除をすることが難しい場合には掃除を業者に代行してもらってもいいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】