便器からの水漏れへの対処法

便器から水漏れが起きている場合の対処法はどのようにするのがいいのでしょうか?
便器は非常に上部に作られていますので、破損してしまうということはあまり考えられませんが、破損している場合には交換すれば水漏れは確実に改善されるはずです。

便器のリニューアル

便器から水漏れが起きている場合には、便器部分のネジをしっかりとしめなおして見ると良いでしょう。
ネジに緩みがあってそこから水漏れをしている場合にはたちどころに水漏れが解消するはずです。
しかしながら、ネジの緩みを解消したのにもかかわらずまだ水漏れがある場合には、ネジのところに使われているパッキンが劣化していることも考えられますのでパッキンの交換が必要です。
このあたりの修理はそれほど難しい物ではありませんので自力で行うこともできるのですが、行う場合には必ず専用の工具を使って行うことが肝要です。

余り起こらないことではあるのですが、便器が破損してしまっていて、それによって水漏れが起きてしまうこともありえます。
この場合には便器を新しい物にすることが必要です。
便器の交換工事は自力でやれない物ではありませんが、かなり難しい工事になりますので業者に依頼すると良いでしょう。
従来のものと同じ便器に交換してもいいのですが、最新型の便器は抗菌加工なども施されていて非常に使いやすいので、新しい物に交換することを検討してみてもいいでしょう。
衛生的にトイレを使って行くことはトイレの寿命を延長させる効果が期待できます。

配管のリニューアル

便器からの水漏れが起きている場合に、便器には全く異常がないということも考えられます。
配管の方にトラブルがあって、水が上手く流れなくなり、結果として便器から水が漏れてしまうというケースもありえます。
このような場合には配管を新しくすることが必要です。
配管の交換工事は自力で行うことはできませんので、業者に委託することになります。
配管から水漏れが起きている場合には、他の部分からも水漏れが起きていて、家屋にダメージを与えてしまっている可能性も考えられますので、出来るだけ迅速な修理を検討することが必要です。

トイレのメンテナンス

便器からの水漏れが起きていて、便器や配管を新しくすると、快適にトイレを使うことが出来るようになります。
この状態を長期間保つためにはトイレのメンテナンスが必要になります。
こまめにトイレの掃除をすることがお勧めです。
トイレを不衛生にしてしまうとばい菌が発生してきて、配管を腐らせてしまうことが考えられるからです。
トイレの便器がかなり丈夫に作られていますが、大きな衝撃を与えてしまうと破損してしまうことも起きてしまいますので、丁寧にそして大事に使って行くことが必要です。
便器も配管も経年劣化してしまうものですので、メンテナンスを通じてトイレを大事に使っていたとしても10年単位で新しい物にすることも必要です。
10年を過ぎてしまうと様々なトラブルが起きやすくなってしまいます。

まとめ

便器から水漏れが起きている場合には、ネジの緩みやパッキンの劣化、便器の破損をまずは確認して交換修理をしてみるといいでしょう。
一方で、トイレの配管の劣化によって便器から間接的に水漏れが起きてしまうこともあり得ますので、その場合には配管の交換が必要になります。
交換修理をした後は、長期間安定にトイレを使うことを考えるのであれば、トイレのメンテナンスを欠かさずに行うことがお勧めです。
大事にトイレを使えば快適なトイレタイムを過ごすことができるはずです。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】