トイレのウォシュレットからの水漏れの原因と対処法

トイレのウオッシュレットからの水漏れの原因は本体の故障であると考えて間違いありません。
簡単な部品の交換で終わる場合には部品を買ってくればいいのですが、そうでない場合には水道業者に修理を依頼することが必要になります。
ウオッシュレットの形状によっても対応がことなります。

便器に内蔵型のウォシュレット

便器に内蔵型のウオッシュレットの場合に、部品のみの交換の場合には必ず専用の部品を使うことが求められます。
正しい部品に交換をしないとすぐにウオッシュレットのトラブルが起きてしまうことも考えられます。
更には正しい工具を使って修理をしないと他の場所を破壊してしまうことも起きてしまいます。
簡単な交換修理であっても不明の点がある場合には、専門の業者に依頼して修理を進めてみてもいいでしょう。

大掛かりな交換修理の場合には、便器を新しい物に交換することが必要になります。
便器を新しい物に交換する場合には、新しいタイプの便器に交換してみてもいいでしょう。
新機能を搭載している新しい物にすれば非常に快適なトイレタイムを楽しむことが出来るようになるはずです。

便器に外付け型のウォシュレット

便器に外付け型のウォシュレットの場合には軽微な修理であっても大掛かりな修理であっても、便器自体の交換をする必要はありませんので便利です。
しかしながら、全ての装置を自分が使っている便器に付けることはできませんのでその分は不便を感じてしまいます。
現有の装置を新しい物に交換してもいいですし、便器の交換の場合と同様に最新式のウォシュレットに交換することもおすすめです。
交換工事は装置を取り外して新しい物にするだけですので、それほど難しい物ではありませんが、不明の点がある場合には業者に交換手続きをお願いしてみてもいいでしょう。

水量の調節とメンテナンスの必要性

新型のウォシュレットに交換をした場合には、十分な機能を発揮させるためにはその装置に会った水量を確保することが必要です。
適当な量の水が供給されないと快適に装置を使うことが出来なくなってしまいます。
水量の調節は簡単にすることが出来ないことも多いので、プロの業者に調整をお願いすることが必要です。
慣れてしまえば自分でも水量の調整をできない訳ではありませんが、自分で行う場合には必ず専用お工具を用いなくてはなりません。

ウォシュレットは経年劣化しますので、使っている間にトラブルに会いやすくなってしまいます。
10年程度で新しい物に交換することが必要になります。
しかしながら、正しいメンテナンスで装置を使って行くことをしないと10年経たないうちにトラブルによって装置の交換が必要になります。
できるだけこまめに装置の掃除をするようにするといいでしょう。
特にノズル部分は常に綺麗にしておくことが肝要です。
非常に忙しい毎日を送っている場合には、専門の業者にメンテナンスを代行してもらうこともおすすめです。

まとめ

ウォシュレットが故障した場合には、交換修理が必要になります。
新しい機種のウォシュレットに交換をした場合には、その機種に合わせて水量の調整をすることも必要です。
ウォシュレットは経年劣化するものですので、10年をめどに新しい物に交換することが必要になりますが、こまめに掃除やメンテナンスをしておかないと10年経たない間に新しい物に交換することが必要になります。
忙しくてこまめにメンテナンスをすることが難しい場合には、専門の業者にメンテナンスを代行してもらうという方法も考えられます。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】