トイレの床が水漏れを起こした際の適切な対処法

毎日必ず使用する重要な場所がトイレですが、それだけにトラブルが起こってしまうと困ってしまうものです。
トラブルはいろんなことがありますが、業者に依頼しなければならないような内容もありますが、自分で対処する方法もあります。
自分で適切な対処法を知っておけば、万が一のトラブルの時に冷静に対応することができます。

トイレタンクに関する対処法

タンクについては内部のパーツがずれていることで水漏れが起こってしまうことがあります。
この場合には自分で正しい位置に調整することで漏れてしまう症状がなくなることも多いものです。
タンク内部には浮き球がありますが、正しい位置にあるか確認してみてください。
位置がずれていれば優しく浮き球を動かします。
またタンクの蓋もきちんと閉まっているかチェックし、正しい位置に移動させるようにしてください。

タンクと給水管の接続部分は水漏れが起こりやすい部位です。
この部位も自分で簡単に対処することができます。
調整部分のナットがしっかりと締まっているか確認します。
緩んでいれば工具でしっかりと締めます。
またパッキンが劣化していれば、パッキンを取り換えます。
新しいパッキンはホームセンターで販売されていることもあります。
同じタイプを購入し、取り換えると水漏れがストップします。

トイレの床に水漏れが起こっているときの対処法

床が濡れている場合、どこにトラブルがあるのか調べる必要があります。
まずタオルを床に敷き、そのまま放置してみます。
その後にタオルの濡れている場所を確認すれば、どこにトラブルがあるのか確認ができます。

排水管の周辺が濡れている場合、破損やヒビが起こっていることが多いものです。
この場合は応急処置的にタオルでガードします。
パテを使って応急処置も可能ですが、軽く破損している部分を塞ぐ程度に留めておきます。
パテはホームセンターで販売されているため、早急に購入して作業を行います。

ただパテで応急処置をした後にそのままにしていると、その後に再度水が漏れてくることが多くあります。
この場合にはそれ以上自分で対応することは避けるようにしてください。
水道修理業者に速やかに連絡をして修理の依頼を依頼しなければなりません。

トイレ便器の水漏れ時の対処法

便器の周辺も多くトラブルが起こりますが、便器自体と排水管の接続部分の2か所でトラブルが多く起こるものです。
便器の経年劣化や衝突による破損などについては応急処置による対処法を行います。
パテを使用して破損した個所を塞ぐといいでしょう。

便器と排水管の接続部分も多くトラブルが起こる場所です。
まずナットが緩むことで水が漏れてしまうことがあります。
この場合には工具を使用して緩んだナットをしっかりと締めます。

またパッキンの劣化によって水が漏れることがあります。
この場合には新しいパッキンに取り換えることで症状が止まります。
パッキンはホームセンターで販売されているため、同じタイプのパッキンを購入します。
ただパッキンを入手できない場合には、水道工事の専門業洒落に連絡をして取り換えてもらう必要があります。

床が濡れたらすぐにチェックを

トイレの床が濡れている場合、慌てずにどの部分にトラブルが起こって水漏れが起こっているのかを速やかに確認する必要があります。
該当する場所が確認できれば、適切な対処法で修理を行います。
パッキンやナットの調整や取り換え、またパテで応急処置は個人でも比較的簡単にできます。
ただパテで応急処置をした後、また自分で対処できない場合は速やかに水道修理業者に連絡をしなければなりません。
早めの対応依頼が必要です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】