トイレのつまりからくる悪臭

トイレのつまりから悪臭にはどのように対処するのがいいのでしょうか?悪臭によってトイレを利用する人が不快な気分にならないように悪臭は取り除くことが必要です。
更には悪臭のもとをトイレに付着させないようにすることもお勧めです。
いつもきれいにトイレを使えば悪臭は取り除くことが出来るはずです。

トイレの悪臭はなぜ起こるのか

トイレの悪臭の原因はトイレのパイプ部分などにばい菌が繁殖することによるものであるといえます。
トイレを不潔にしておくと悪臭が出てくるようになります。
トイレがつまってしまうと詰まったものが腐敗して悪臭を発生してしまうことも考えられます。
少量のつまりであれば、水を多く流すことによってつまりを解消することが出来れば悪臭を取り除くことが可能になるかもしれません。
また、量販店などで売られているつまりを解消する道具を使ってみると悪臭を取り除くことが出来る場合があります。
トイレのパイプは老朽化するとだんだんと色々なものがつまり易くなってしまいますので、段々と臭いを発生するようになります。
このような匂いは簡単に取り除くことはできませんので、トイレに芳香剤を設置してみてもいいでしょう。
悪臭が気にならなくなるはずです。

トイレの悪臭対策

トイレの悪臭対策としては芳香剤を使う方法に加えて、トイレを詰まりにくくすることが考えられます。
最新の便器には抗菌加工が施されていますので、黴菌が繁殖しにくくなっています。
抗菌加工のついた便器は掃除を簡単に行うことができますので、常に綺麗な状態を保ちやすくなります。
トイレに多量の紙を流してしまうとそれが原因でトイレがつまり易くなってしまって、悪臭を出してしまうことも考えられます。
必ずトイレットペーパーを使うようにすることに加えて、ウォシュレット機能をトイレに搭載するようにすれば、紙を流す量を減らすことが出来るようになるのでお勧めです。
トイレは老朽化してしまうと自然につまりやすくなってしまいますので、8年程度トイレを使ったらリニューアルをすることもお勧めです。
抗菌作用を持った便器であってもばい菌が全く発生しないという子ことではありませんので、こまめに掃除をするようにするといいでしょう。

メンテナンスは非常に大切

トイレのメンテナンスを定期的に行っておくとトイレの劣化を防ぐことができます。
メンテナンス作業は自力でできる部分もありますが、トータルでそれを行うことを考えるのであれば、専門の業者に委託してしまった方が良いでしょう。
トイレの部品の劣化を確実に把握することが出来るようになりますので、ばい菌の発生やトイレのつまりを防ぐことが出来るようになりますので結果として悪臭を防ぐことにつながるはずです。
少なくとも半年に1度はトイレのメンテナンスをするようにするといいでしょう。

まとめ

トイレの悪臭の原因のひとつにばい菌の発生が挙げられます。
トイレの掃除などを怠ってしまって、それが原因で悪臭を出すようになってしまいます。
また、トイレの配管などがつまってしまって、それが原因で悪臭を出してしまうことも考えられます。
トイレの悪臭は芳香剤によって緩和することもできますが、一方で悪臭の原因を無くすことも必要です。
トイレに必要以上多くの紙を流さないようにすることもお勧めです。
一定期間トイレをつかったら、トイレ全体のリニューアルをしてみてもいいでしょう。
トイレのメンテナンスを定期的におこなえば、悪臭の原因を無くすことが出来るようになるので、お勧めです。
半年に1度くらいのペースでメンテナンスを業者に依頼するといいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】