トイレのつまりを修理する場合の作業方法

トイレのつまりを修理する場合の作業方法はどのようなものになるのでしょうか?
トイレのつまりを起こしている原因箇所によって作業方法が異なってきます。
原因箇所を特定するのは一般人ではなかなか難しいのでプロの業者に依頼してみることがお勧めです。

便器のつまりの場合

トイレのつまりの原因として便器自体に何かがつまっている場合が考えられます。
この場合には例えば、100均などで販売されているつまり解消グッズで比較的簡単にトイレのつまりを解消することができます。
あるいは大量の水やお湯を便器に流して見ればトイレのつまりが解消するかもしれません。
便器のつまりの最大の原因はトイレに流す水が不足しているためということになりますので、業者に依頼をして水量を調整してもらうことがお勧めです。
適切な工具があれば、自分で水量を調整することはできますが、加減が難しいので業者にすべてをお願いしてしまった方が無難です。

パイプのつまりの場合

トイレのつまりの原因としてはトイレのパイプが詰まっている場合も考えられます。
トイレのパイプのつまりは簡単に解決することはできない場合が多いので、ほとんどの場合にはパイプ自体の交換が必要になります。
床下などにもパイプは走っていますので、かなり大掛かりな交換工事になります。
といっても工事自体は半日もあれば完了しますので、トイレを長期間使えなくなってしまうという物ではありません。

トイレは古くなればなるほどパイプの内部の劣化によって詰まりやすくなってしまいますので、7-8年トイレを使ったら、新しいトイレにパイプごと交換してしまうことを考えてみてもいいでしょう。
新しいトイレであってもトイレを不衛生にしておくと細菌が繁殖してしまって、パイプの内部の劣化が進んでしまうこともありますので、トイレの掃除は念入りにそしてこまめに行っておくことが必要です。

水漏れの場合

トイレがつまっている状態になるとトイレの配管に異常な水圧がかかってしまい、そこから水が漏れ出てしまうことあります。
配管からあふれてきた水は拭き取ればいいのですが、トイレの配管は壁や床の中も走っていますので、水漏れによって壁や床が腐ってしまうことも考えられます。
そのような状態になってしまうと大掛かりな改修工事が必要になってしまって、時間的にも経済的に大きな被害を受けてしまうことになります。
トイレのつまりが確認される場合には、忘れずにパイプからの水漏れも業者に確認してもらうようにすることが肝要です。

トイレの配管が戸外もあって、そこから水漏れをしてしまうと近隣に迷惑をかけてしまうことも起こりえます。
近所とのトラブルを避けるためにも迅速な対応が必要になります。
水漏れが起きてしまっている場合には一端、応急処置として水の元栓を閉めておくことが必要です。
元栓を閉めてしまうと家の中の水をまったく使えなくなってしまいますので、なるべく早く修理を開始してくれる業者に修理をお願いするようにするといいでしょう。
ネットサイトなどを検索すれば、24時間対応の水道業者を探すことができるはずです。

まとめ

トイレのつまりの原因は大別すると便器のつまりとパイプのつまりと考えられます。
便器がつまっている場合には簡単に修理をすることが出来ることが多いのですが、パイプのつまりの場合には大掛かりな修理が必要になります。
場合によっては水漏れトラブルによって家全体の修理を余儀なくされてしまうことも考えられますので、出来るだけ速やかな交換修理対応を考えていくことが必要です。
迅速対応をしてくれる業者に相談してみるといいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】