トイレタンクからの水漏れの原因

トイレタンクからの水漏れの原因はどのようなことを考えておくのが良いのでしょうか?
基本的にはトイレタンクのトラブルをまずは検討するべきですが、他の箇所にも水漏れが起きていないかの確認も忘れずに行っておくことが肝要です。
迅速な対応が必要であるのはいうまでもありません。

パッキンのトラブル

トイレタンクから水漏れが起きている場合には、配管の接合部のパッキンが劣化している場合が考えられます。
パッキンはゴム製ですので、長年使っていると劣化してしまうのでそこから水漏れが起きてしまうことがあり得ます。
パッキンを新しい物に交換すれば水漏れは解消するはずです。
パッキンは量販店などで販売されていますので、自分で交換修理をすることもできます。
交換修理をする場合には必ず純正品のパッキンを使用しなくてはなりません。
正しい方法でパッキンを交換しないとトイレタンクを破損してしまうことも考えられますので、その点は注意が必要です。
不安がある場合には業者にパッキンの交換修理を依頼してみてもいいでしょう。
パッキンを交換する場合には必ず、水道の元栓を閉めてから行うようにすることがお勧めです。
水道の元栓を閉めた状態でも接合部から水が垂れてくることもありますので、雑巾などもあらかじめ用意しておくべきでしょう。

配管のトラブル

トイレタンクからの水漏れの原因のとして、配管が劣化してしまっていることが考えられます。
配管が劣化している場合には配管を交換することが必要です。
塩ビ管などの場合には簡単な交換修理の場合には自分で交換することもできますが、金属製の配管の場合には自分で交換をするのは不可能と思っておくべきです。
自分で配管の交換修理を行う場合には必ず専用の工具を使って修理をすることが必要です。
正しい知識で配管の交換修理を行わないと正常な配管を破損してしまうことも考えられますので注意が必要です。
パッキンの交換修理の場合と同様にあらかじめ水道の元栓を閉めておくことが必要です。
中途半端な知識で修理を行ってしまうよりも専門の業者に修理を依頼したほうが確実な修理をすることができるはずです。

点検の必要性

トイレタンクからの水漏れが起きている場合にはパッキンや配管の修理をすることが必要であるのは言うまでもありませんが、トイレの配管の他の部分からの水漏れの有無を確認しておくことも必要です。
トイレの配管は壁の内部や床下にもありますので、水漏れを放置してしまうと家を破壊してしまうことになるからです。
トイレの配管からの水漏れの有無の確認は自分で行うことは不可能ですので、業者に依頼をして確認をしておくことが必要です。
水漏れがあった場合にはその分の修理も必要です。
放置してしまうと家の全体の修理工事が必要になってしまって、莫大な損失を招くことにもなりかねません。
水のトラブルは軽んじてしまうと後から後悔することにもなりますので、入念なチェックを常に心がけておくことが肝要です。

まとめ

トイレタンクからの水漏れの原因はパッキン部分と配管部分のトラブルが大部分をしめます。
パッキンの交換修理は自分で行うこともできる簡単なものですが、配管部分の修理はかなり難しいものですので業者に依頼をしてしまった方が良いでしょう。
トイレタンクの水漏れだけでなくトイレ全体の配管の水漏れの有無の点検も併せてしておくことが肝要です。
怠ってしまうと家に大きなダメージを与えてしまうことになってしまって、後から後悔をする羽目になってしまうかもしれないからです。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】