トイレの水漏れトラブルの場合の修理作業方法

トイレからの水漏れトラブルの場合の修理作業はどのようなイメージなるのでしょうか?
簡単なトラブルの場合を除いて素人ではできない修理になりますので、専門の業者に修理を依頼することが必要になります。
間違っても自己判断で勝手な修理をすることは避けるべきです。
わからないことは遠慮せずに業者に相談するようにするべきです。

トイレの便器からの水漏れ

トイレの便器はかなり頑丈に作られているので破損してしまうことはあまりないのですが、破損してしまうとそこから水漏れが起きてしまいます。
トイレの便器の破損は修理をすることは非常に難しいので、新しい物に交換することが必要です。
交換する場合には今のタイプと同じものにしてもいいのですが、最新式の便器に交換してみてもいいでしょう。
抗菌加工タイプの便器に交換しておくとお掃除がしやすくなりますので便利です。
和式よりも様式の方が良いと良いのであれば相談をして交換してもらってもいいでしょう。
特に高齢者の方が居る場合には和式よりも様式の方が便利です。
水漏れ修理の機会にトイレの利便性を高めて見ることもおすすめです。
ウオッシュレット機能を搭載してみてもいいでしょう。

トイレのパイプからの水漏れ

トイレのパイプからの水漏れの場合には大きな修理工事になってしまうことが多いものです。
床下にあるトイレのパイプの交換をする場合には床の部分の改築も必要になります。
壁の部分にあるパイプからの水漏れの場合には壁を全部交換しなくてはならなくなります。
実際にパイプの部分からの水漏れを確認することは一般の方には難しい部分の交換工事になります。
トイレに使われているパイプの材質には金属と塩ビがあります。
塩ビの場合には部分的な交換で修理が完了することがおおいのですが、金属の場合には腐食しやすいので、ほぼ全体の交換修理が必要になります。
トイレのパイプは使っている間にどんどん劣化をしてしまいますので、10年くらいの間隔で新しい物にすることがお勧めです。
トイレを適切に使っていないとあっという間にパイプが劣化してしまいますのでその点も考えておかなくてはなりません。

メンテナンスの重要性

トイレの便器やパイプは経年劣化するものですがメンテナンスを行っておけば経年劣化のスピードを遅くすることもできます。
いつもきれいにトイレを使って行くのが最良の方法になります。
パイプの詰まりを借りに感じたならば、こまめにそれを取り除くことも必要です。
完全にパイプが詰まってしまうとそれを解消することは非常に難しくなりますので、その点は注意が必要です。
メンテナンスをする時間を普段取れないという方はプロの業者にメンテナンスを代行してもらってもいいでしょう。

まとめ

トイレの水漏れが起きている場合にはまずはその原因を究明することが必要です。
便器などのトラブルであれば素人でもすぐに原因を突き止めることができますが、パイプのトラブルの場合には専門の業者でなければ原因を突き止めることは難しいものです。
原因がわかったら、それに合わせた交換修理が必要になります。
単にこれまでと同じものに交換してもいいのですが、便器などの交換をする場合には機能的に充実した新しい物に交換することを考えてみてもいいでしょう。
パイプからの水漏れの場合にはプロの業者に修理をすべて委託することが肝要です。
トイレからの水漏れ事故を防止する最良の方法は普段からのメンテナンスです。
できるだけ正しい方法で綺麗にトイレを使うようにするといいでしょう。
トイレのメンテナンスは多忙な方の場合にはプロに委託してみてもいいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

               
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県
【対応エリア拡大中!】