トイレの詰まりを解消するための作業時間

トイレのつまりを解消するための作業時間はどのくらいを考えておくのがいいのでしょうか?
つまりの程度にもよりますが、トイレ全体の交換をする場合には半日の作業時間が必要になります。
軽微なものであれば自力でつまりを解決することもできます。
その場合には1時間ほどでつまりは解消することになります。

トイレのつまりの対処方法

トイレのつまりを感じたらまずは自力で解消することを考えて見ると良いでしょう。
何度も水を流して見るといつものように流れるようになるかもしれません。
また、専用のグッズを持っているのであればそれを使ってみてもいいでしょう。
多量のお湯を流すようにすることもおすすめです。
完全にトイレが詰まってしまう前につまりを解消することが重要なポイントです。
完全に詰まってしまったトイレは自力では解決することはほとんど不可能です。
普段からトイレの流れに注意をしておいて軽いつまりの間に解決する習慣をつけておくと良いでしょう。
トイレは新品の間はつまることはほとんどありませんが、7-8年使っているとだんだんつまりやすくなります。
10年を目安に新しい物にリフォームすることが必要です。
それ以上の期間使っていると快適にトイレを使うことが出来なくなってしまいます。

業者にコンタクトする

トイレのつまりを自力で解決することが出来ない場合にはすぐに業者にコンタクトをすることが必要になります。
トイレを使うことが出来ないというのはかなりのストレスですのでできるだけすぐに対応してくれる業者を探すことが必要です。
ネット検索をすれば簡単に見つけられるはずです。
年中無休の24時間営業の業者であれば、夜間であっても連絡することができますので、応急処置を聞くこともできます。
症状を正確に伝えて業者に来てもらって修理方法を検討してもらうことが必要です。
できれば見積書を作ってもらって、その内容を確認してから、修理を始めるべきです。
追加費用の有無なども確認すべきです。
また、いつから工事が始まっていつまでに工事が終了するのかも問い合わせておくべきです。
複数の業者からの見積もりを取ってできるだけ自分に有利な条件で修理をしてくれる業者を探してから、最終発注を行うようにするといいでしょう。
また、トイレが使えない間の対応も考えておかなくてはなりません。
必要に応じてその点も業者に相談してみてもいいでしょう。

トイレは大事に使う

トイレがつまったらまずは自分で解消することを考えて、ダメならば業者に修理を依頼するという流れは間違ってはいませんが、トイレを大事に使っていないとトイレがつまりやすくなってしまうということも知っておくべきです。
こまめに掃除をすることがお勧めです。
ばい菌の繁殖を防ぐことができればトイレのパイプの劣化を防ぐことができるはずです。
トイレのメンテナンス業者もいますので、業者に委託をして定期的にメンテナンスをしてもらってもいいでしょう。
常にトイレを快適に使うことが出来るようになることでしょう。

まとめ

トイレのつまりを解消するための修理時間は長くても半日程度です。
しかしながら、半日といえどもトイレを使うことが出来ないのはかなりの不便なことですので、出来るだけ普段からトイレをきれいに使うようにしてトイレがつまらないような環境を整えておくことが必要です。
また、トイレのつまりの予兆を少しでもかんじたら、多量のお湯を流すなどしてトイレのつまりをこまめに解消することもおすすめです。
トイレのつまり解消グッズも量販店などで販売されていますので購入しておいていざという時に役立てるようにするといいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

               
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県
【対応エリア拡大中!】