トイレの水漏れはどんな症状が見られるのか

毎日必ず家庭の中で使用するトイレは劣化が特にしやすい場所といえます。
日々使用していると様々なトラブルが起こるものですが、中でも起こりやすいのが水漏れです。
トイレ内部のいろんな場所で起こることがあり、1か所ではありません。
実際にトラブルが起こる前にどんなことが起こるのか知っておくと冷静に対処ができます。

タンクで起こる症状について

タンクは水を一旦溜めておく場所ですが、給水管とタンクの接続部分で水が漏れてしまうことがあります。
水の漏れはほとんどわからないような状態から水がポタポタ床に向かって落ちてくる状態まで様々あります。
ほとんどわからない状態では接続部分が少し濡れているように見えます。
徐々に状態が悪化すると水滴が落ちてくるのが目で確認できます。

タンクについては内部で水が漏れることもあります。
内部で水漏れが起こっていると、ぽたぽたと水滴が落ちる音が聞こえてきます。
状態が悪化している場合に見られますが、初期の段階ではほとんど音が分かりません。
静かな環境でわかる程度の音がします。

タンクから亀裂やひびが起こっている場合に水が漏れることがあります。
初期段階ではタンクが少し濡れていることが確認できます。
また状態が悪くなると、床に向かって水が少しずつ落ちてくることが目で見てわかるようになります。

トイレの便器で起こる症状について

便器も水が漏れてしまう箇所ですが、いろんな症状が見られます。
便器内部では水がいつまでもチョロチョロと流れしまうことがあります。
この場合音はほとんど聞こえないような状態から、はっきり音が聞こえてくる状態まで様々あります。

便器の外でも水が漏れてしまうことがあります。
便器と排水管の接続部分が漏れてしまうケースがあります。
この場合には接続部分の表面がうっすらと濡れている程度から、床に向かってぽたぽたと落ちてしまうような状態まで様々あります。
また便器に傷が入っていたり、ひびができているとそこから水が漏れることがあります。
この場合でも便器の表面が濡れている状態からぽたぽたと水が床に落ちる状態まで見られます。

ウォシュレットの水漏れの症状

今では快適な使用感が好まれているウォシュレットを置いている家庭が多いですが、ウォシュレットも水が漏れることがあります。
パイプと便器との接続部分から水が漏れることがあります。
この場合、接続部分が濡れている程度から水が床に向かって落ちる状態まで様々なケースがあります。

ウォシュレット内部で水が漏れる場合があります。単にノズルから水が一時的に出るようなものでは故障ではありません。
問題なのは内部でいつまでも水が漏れてしまうケースです。
これはウォシュレット本体の不具合によるものが多く考えられます。
水の漏れもほとんど聞こえないような状態から、水がぽたぽたと落ちる深刻な状態まで様々です。

ウォシュレットの外部から水が漏れることもあります。
ひびや亀裂によって表面が濡れている程度から、水が落ちるような状態まで見られます。
表面が濡れている程度の場合、ウォシュレットは構造が複雑なため目で見えない部分もあります。

トイレの水漏れの症状を理解することが大切

毎日使用するトイレですが、不具合を起こすと場合によってはトイレがしばらく使用できないこともあります。
そうなると生活に支障をきたしてしまいます。そのため事前に水漏れの症状について知っておくことが大切です。
どんな状態が見られるのか知っておくと、定期的にチェックするようになりますし、万が一不具合が起こっても冷静に対処することができます。
また不具合が生じ、自分では対処できないような場合には速やかに修理業者に連絡するようにしましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】