トイレからの水漏れの被害とは

トイレからの水漏れが起きてしまうと家屋内に水があふれて出てきてしまいます。
トイレの周辺に水にぬれてしまうと困ってしまう物がある場合には大きな損害になることも考えられます。
トイレからの水漏れは起きる可能性があることを知っておくべきです。
更にはその場合にはどのような対応をすれば被害を少なくできるかも知っておくべきです。

トイレから水漏れが起きてしまう時

トイレから水漏れが起きてしまう原因はトイレの便器にトラブルが起きてしまっている場合とパイプの劣化が考えられます。
便器にトラブルが起きている場合には便器のみを交換すればいいので、実費負担となりますので被害はそれほど大きくありませんが、パイプからの水漏れの場合には床下での工事になることもありえます。
床下の工事は大変大掛かりなものになってしまいますので大きな損害となります。
また、パイプからの水漏れによって家の土台が腐ってしまうようなことも起きてしまいます。
壁に水か染み出てしまうと壁にシミが残ってしまって壁全体を交換することになります。
家の工事はトイレの便器の交換工事に比べて桁違いの出費になってしまいます。

特にトイレは古くなってしまうとパイプの詰まりが起きやすくなってしまいます。
トイレの詰まりが起きないように日ごろから注意をすることが必要です。
こまめに流してみてもいいでしょう。
パイプの劣化が起きないように便器内を常に清潔に保つようにしてみてもいいでしょう。

水を甘く見てはいけない

トイレから水漏れを甘く見てはいけません。
あふれてきた水は拭き取ってしまえばいいと考えがちですが、あまりにも多くの水があふれていると家の中の木の部分などはもろくなってしまいます。
水分を含んでしまうともろくなってしまいますので、家の土台がおかしくなってしまう可能性も出てきてしまいます。
水だから安心という考え方は捨てて、洪水は家の中で起こっていることを想定するべきです。
できるだけ迅速に対応することが求められます。
また、水漏れによって家の中の電気系統に異常が出てしまうことも考えられます。
電気が壊れてしまうと更に不便な状態になってしまいますし。
また、感電の恐れもでてきてしまいますので注意が必要です。
感電被害をだしてしまうと近隣を停電の被害に巻き込んでしまうことも考えられます。
従って、水はケアフルに扱わないといけない物と考えておくべきです。

定期点検のすすめ

定期点検を行うようにすることがお勧めです。
個人のレベルでトイレからの水漏れをすべて確認することはできませんので、専門の業者にいらいするべきです。
たとえば、半年に1回で構わないので、点検を行うようにすべきです。
点検の結果水漏れの可能性が考えられる時にはトイレの修理を素早く行うことができるので、家屋の損壊を最小限にすることができます。
特に古くなったトイレを使っている場合にはパイプのトラブルが起きやすくなっていますので、こまめな点検がお勧めです。
トイレを常に綺麗にしておいて、パイプの詰まりができるだけ起こりにくくなるようにするといいでしょう。
パイプが詰まってしまうとほぼ100%水漏れが起きてしまうことになります。

まとめ

トイレを快適に使うためには水が必要ですが、その水があふれてしまうと家屋に大きな損害を与えてしまうことになります。
家屋の損壊は大きな出費を伴う修理が必要になりますので、水漏れが起きにくい環境を作っておくことが必要です。
常に掃除を行ってトイレをきれいにしておくことに加えてトイレのパイプが詰まらないように十分なケアをすることもおすすめです。
定期的にトイレの点検を行って水漏れ被害が起きにくくするようにしてもいいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】