トイレリフォームでウォッシュレットにするメリットと注意点

トイレのリフォームでウォッシュレットにする工事が人気です。ですが、どのようなメリットがあるのか、デメリットはないのか?について確認しておくことが重要だといえるでしょう。

そこで、これから工事を検討している方のために、事前におさえておきたい情報についてご紹介します。

トイレリフォームでウォッシュレットにするメリット

代表的なメリットは次の3つです。

除菌洗浄で健康的

お湯の力を使って身体を清潔に保つのをサポートとしてくれます。
デリケートな部分に雑菌類などが付着したままの状態になると当然ながら感染症など病気のリスクも高まってしまいますが、お湯で洗浄すれば、感染症を防ぐことにもつながるのです。

便器の自動洗浄機能が備わっているものがほとんどなので、衛生的なトイレ環境を保ちたいと思っている方も見逃せません。

トイレットペーパーの使用料が減る

ウォッシュレットではお湯を使ってデリケートな部分をある程度洗うことができるので、ペーパーの使用料が少なく済むようになります。
特に、家族の人数が多いと一日で消費するペーパーの量が多く、頻繁に購入しているご家庭も多いのではないでしょうか。

こういった経費を削減するのにも役立ってくれます。

便座が温かくて快適

特に冬など、冷えた便座に座るのは避けたいですよね。
便座カバーで温かくするという方法もありますが、トイレのリフォームでウォッシュレットにすれば、カバーを付けなくても常に快適な状態を保つことができます。

工事をする前におさえておきたい注意点とデメリット

どのような機種に交換するのかによって、かかる電気代が変わってきます。最新の機種の方が節水効果と節電効果は高いので、それぞれ確認しておいた方が安心です。

また、ペーパーにほとんど便がつかなくなるわけですが、便の色で健康状態を確認していた方はそれが難しくなるのもデメリットだといえるでしょう。

まとめ

トイレのリフォームでウォッシュレットにするメリットや、注意点に関してご紹介しました。

デリケートな部分を衛生的に保つのに役立ってくれる便利なアイテムとして、日本だけでなく海外でも注目されています。
デメリットに関しては、メリットと比べるとそれほど大きなものではないので、前向きに検討してみてはどうでしょうか。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】