トイレリフォームを検討すべきタイミング

トイレをリフォームするタイミングの基本として、便座や便器、壁紙などが寿命を迎えた時が適切な時期だと考えておきましょう。寿命を過ぎているものを使い続けてしまうと不具合や、不衛生な状態にも繋がってしまいます。
いつ工事をすれば良いのかわからないという方のために、具体的な時期についてご紹介しましょう。

トイレリフォームのタイミングとは?

タイミングとしてポイントになるのは次の3つです。

設備が壊れた時

先述したように、各設備が寿命を迎えたら交換について考えましょう。
一般的に便器は100年以上持つとされていますが、タンクの中の細かい部品類などはそこまで寿命が長くありません。

汚れが気になる時

便器自体はまだ使える状態でも、黄ばみが気になることもあるでしょう。こういった時もトイレリフォームのタイミングです。
便器や便座だけでなく、壁紙も意外と汚れやすいものなので注意しておきましょう。

使いにくさを感じた時

毎年続々とトイレ関係の新商品が登場しています。古いもので使いにくさを感じているのなら、リフォームについて検討してみるのがおすすめです。

特に最新の商品は使いやすさやデザインにこだわったものばかりなので、一度チェックしてみてはどうでしょうか。

故障する前に工事を心がけるのがおすすめ

便器に不具合を感じているけれどまだ何とか使えるような状況もあるでしょう。しかし、故障してから慌てて工事をすると冷静な判断ができなくなったり、安い業者を見つけることができずに高額な工事に繋がってしまう恐れがあります。

例えば、便器に座れないような故障が発生してしまったりすると、なかなかのんびり工事業者を比較する時間は取れません。

そのため、ガタがきていると感じているのなら早めに工事を検討しましょう。
一般的に新築物件の場合は10年程度を目安にすると良いと言われますが、実際には15年から20年は快適に使えている方が多いです。

まとめ

トイレをリフォームするタイミングについて検討している方のために、具体的な時期についてご紹介しました。
早めに工事を検討することにより、安心して使える清潔な環境を保っていくことができます。

お金がかかる作業なのでなかなか頻繁には検討できませんが、寿命を迎えたものを使い続けると座っている最中に便座が割れたなどのトラブルに繋がることもあるので、いつ工事するかについてよく検討してみましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】