トイレのリフォームでのウォッシュレットの導入

トイレのリフォームをする際にウォシュレットを導入することのメリットはどのような点にあるのでしょうか?
紙を使う頻度がへりますので、トイレが詰まりにくくなるという点が非常に魅力的なものです。
トイレの詰まりの最大の原因がトイレットペーパーとも言われていますので、詰まりによるパイプの劣化を防止することができますので長期間快適にトイレを安心して使うことが出来るようになるはずです。

便器に内臓してあるウォッシュレットの導入

トイレのリフォームをする場合に便器に内臓されているウォッシュレットであれば、本体と一体化したものですので、快適に使うことができます。
場合によっては洗浄機能がついていますので、常に綺麗な状態を保つことが出来るという魅力が出て来ます。
しかしながら、装置が壊れてしまった場合には、自分で直すことが出来ないという欠点もあります。
かってな判断で装置の修理を自分でしてしまうと他の部分を壊してしまう可能性もでてきますので、大幅な修理が必要になってしまうことも考えられます。
洗浄機能が仮についていたとしてもこまめに掃除をしないと装置の機能が低下してしまうこともありますので、その点は注意が必要です。
掃除をする場合には適当な洗剤を使わないと装置を破壊してしまう可能性もでてきますので、併せて注意が必要です。

女性の方の場合には、ビデ洗い機能が付いたものを導入すると更に快適です。
また、温度や水流を調整することが出来る仕様のものであれば更に快適に装置を使うことができるはずです。

外付けタイプのウォッシュレットの導入

外付けタイプのウォッシュレットの導入をする場合には、現有の便器に装置をとりつけるだけですので、自分で工事をすることもできます。
しかしながら、十分な装置がパフォーマンスを出すには、水量の調整が必要になります。
水量の調整を自分ですることが難しい場合には専門の業者に依頼をすると良いでしょう。

それほど取り付け工事は難しくないという点はべんりなのですが、現有の便器に取り付けることができる装置の数が自然と限られてきてしまいますので場合によっては十分な機能を持った装置を便器に取り付けることが出来なくなってしまうケースも出て来ます。
適当な装置が見つからない場合には、便器ごと新しいものにしてしまってもいいでしょう。

ウォッシュレットのメンテナンスの必要性

トイレに備えつけられているウォッシュレットは段々と使っているうちに機能が劣化してしまいます。
使いにくくなったと感じたら、メンテナンスを検討することが必要です。
メンテナンスによって機能が戻るのであれば問題ありませんが、あまりにも劣化してしまっていて、機能がもとに戻らないというようなケースの場合には新しい物に交換をすることがお勧めです。

また、紙の使用頻度が減るにしても、正しい使い方をしないとトイレのパイプにつまりが出てしまって、トイレの方が破損してしまうことも考えられますので、トイレはどんな状況になっても正しい方法で使って行くようにすることを心がけなくてはなりません。

まとめ

トイレにウォッシュレットを取り付けると快適にトイレを使うことが出来るようになるばかりでなく、トイレが詰まりにくくなるという長所も期待できます。
ウォッシュレットを長期間快適に使うことを考えるのであれば、メンテナンスは欠かせない物になります。
正しい方法と正しい道具を使ってメンテナンスと掃除を行って、いつも綺麗な状態を保つようにすることがお勧めです。
また一定期間装置を使ったら、新しい物にリニューアルすることも考えなくてはなりません。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

               
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県
【対応エリア拡大中!】