トイレのリフォームでのバリアフリー対策

トイレには寿命がありますので、定期的にリフォームすることが必要です。
およそ10年ごとにリフォームをすることが必要になりますが、10年経つと家族の年齢構成も変わりますので場合によってはバリアフリー対策も必要になります。
バリアフリーにしておけば例えば車いすの方も安心してトイレをお使いになることができます。

トイレリフォームのタイミング

トイレは使っているうちにだんだんと劣化をしてしまいます。
劣化したトイレをそのまま使い続けてしまうとパイプが詰まりやすくなってしまって、大きなトラブルの可能性がでてきます。
トイレが長期間使えないのは非常にストレスフルなものです。
また、パイプが詰まってしまうと家屋に水が浸透してしまうことになって、家を壊してしまう可能性もでてきます。
10年がそのためにトイレのリフォームのタイミングであると言われています。
10年というのはあくまでも目安ですので、正しい使い方をしないとトイレの寿命が短くなってしまうこともあります。
トイレに流してはいけない物は流さないようにするべきです。

トイレの掃除

トイレの劣化を防ぐにはトイレをいつもきれいにしておくことが必要です。
こまめに掃除をすれば、トイレの劣化を防ぐことができます。
トイレを汚くしておくとそこからパイプなどの腐敗が起きてしまいます。
塩ビタイプのパイプであれば、交換をすることが可能な場合もありますが、金属製のパイプの場合にはすべてを新しい物に交換することが必要になります。
トイレ用のグッズを購入しておけば、効率よく掃除をすることができます。
つまりを解消するためのグッズもお勧めです。
常に快適な水の流れを確保するようにすることが必要です。
水道屋に御願いして、水流の調整をすることもおすすめです。
十分な水流ではない場合には、パイプが詰まりやすくなってしまます。

必要な工具を買ってくれば、掃除自体はそれほど難しい物ではありませんが、正しい方法で掃除を行わないと逆にトイレを破損してしまう可能性がでてきますので、注意が必要になります。

業者によるメンテナンス

自分でトイレを綺麗にするというのもいい方法ではあるのですが、忙しい毎日を送っている場合には難しくなってしまうことも考えられます。
専門の水道業者にトイレのメンテナンスをお願いしてみてもいいでしょう。
確実な方法でしっかりとメンテナンスをしてもらえますので、常に快適にトイレを使うことができます。
メンテナンスの最中にトイレの故障が見つかったら直ちに新しい物に交換することが出来るというメリットもあります。
メンテナンスの間隔としては、半年に1度あるいは1年に一度を考えておくようにするのがお勧めです。

新しいトイレはいろいろ便利な機能が搭載されていますので、リフォームによってトイレが新しくなると利便性が大幅にアップすることになるので非常に便利です。
これまで付いていなかったウオッシュレット機能を搭載してみてもいいですし。
抗菌加工の便器に交換してみてもいいでしょう。
床暖を搭載すれば冬場でも快適にトイレタイムを過ごすことができるはずです。
お年寄りと一緒に生活する場合にはバリアフリー対応にしてもいいでしょう。

まとめ

トイレは使っている間にだんだんと劣化をしてしまいますので、10年を目安にリフォームすることが必要です。
トイレを正しい方法で使って行かないとあっという間にトイレが壊れてしまって、短期間でリオフォームをすることが必要になります。
専門の業者にメンテナンスを依頼すると、安定してトイレを使うことができます。
また、10年経つと家族の年齢構成が変化するので、バリアフリー対策が必要になる場合も出てきます。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】