戸建てのトイレリフォームで気を付けておくべきこと

戸建てのトイレをリフォームすることを検討しているのなら、注意点についておさえておきましょう。
マンションに比べると制約は少なくなるので選択できる工事も増えるのですが、計画していた通りに工事が進められなかったといったトラブルもあります。
詳しくみていきましょう。

戸建てのトイレリフォームで気をつけたいこと

次の3点はよく確認しておかなければなりません。

賃貸物件の場合は大家さんに相談が必要

最新の便器に取り換えるなど、生活がより良くなるための工事なら大家さんもOKしてくれるはずと考える方も多いですが、事前に確認は必須です。

賃貸物件は原状回復と呼ばれる義務があり、退去する際に入居した際と同じ状況に戻さなければなりません。
リフォームをしても退去時には戻すように指示されてしまうこともあるので、勝手に工事を進めないようにしましょう。

排水口の位置によって選択できる設備が違う

戸建て住宅の場合、床排水と呼ばれる排水方法が多いのですが、他に壁排水という方法もあり、どちらなのかによって設置可能な機種が変わります。
便器の中を覗いた時に排水口が下に伸びていれば床排水、壁に向かって伸びていれば壁排水です。

タイプの違う設備を選ぶと別途工事が必要になるので注意しましょう。

2階の増設工事は高額になる

2階にトイレを増設する場合は、1階に比べて時間と費用がかかります。内容によっては期間が1週間以上、金額は100万円を超えることもあるので、慎重に考えましょう。

空間がどのように変化するのか注意

リフォームによってどのように空間が変化するのかについても、事前によく想像しておきましょう。
戸建て住宅はマンションに比べるとトイレのスペースが大きく確保されているケースが多いものの、それでも畳一畳分程度の住宅が多いです。

ほんの3cm大きな便器と交換しただけで扉が開けにくくなったり、動きにくくなってしまうこともあります。
ショールームでよく検討したものの、実際に自分の家に設置したら思っていたのと違う状況になってしまったというトラブルもあるので、小さなところまできちんとシミュレーションすることが大切です。

まとめ

戸建てのトイレリフォームは持ち家であれば自由に行えますが、ご紹介したような注意点があるので頭に入れておきましょう。
失敗を避けるためには、専門業者の方と事前によく話し合いをしておくことが大切です。

業者の方の意見も聞きながら最適な工事につなげてみましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

               
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県
【対応エリア拡大中!】