トイレをバリアフリーにリフォームする時の注意点

トイレのリフォームで床をバリアフリーにすると、廊下との境目に段差がなくなるので、スムーズに入ることができるようになります。

ただ、あまり考えずに工事をしたところ、結果的に使いにくくなってしまったと感じている方もいるので、工事を始める前におさえておきたい注意点とポイントについて解説します。

トイレリフォームでバリアフリー!失敗しないためのポイント

特に気をつけておきたいのが、次の3点です。

経路にも注意

トイレ自体はバリアフリーにしたとしても、そこにたどり着くまでの道程が困難では快適とはいえません。
例えば、寝室からの経路など、薬使う経路で段差がある場合はそれらもまとめて工事した方が良いでしょう。

なにを工事するのか考える

なにかバリアフリーのための工事をするというと、真っ先に考える方が多いのは手すりを設置することではないでしょうか。
ですが、手すりといっても様々な形があり、どれが最も適しているのかは環境と状況によって変わります。最適なものが選択できるようによく検討しておきましょう。

例えば、座ったり立ったりしやすいように高い便座を導入するなどすれば、手すり導入以外にも考えていかなければならないわけなので、総合的なリフォームについてもよく検討しておかなければなりません。

費用に関する注意点

トイレのバリアフリーに関する工事として、代表的なのは次の5つです。

  • 便器・交換
  • 手すりの設置
  • 床材の張り替え
  • 手すりの設置
  • 手洗い場の設置

リフォームはまとめて行ったほうが良いのですが、まとめればその分費用が高くなるので注意しておかなければなりません。

十分な話し合いが必要

例えば、おばあちゃんのために工事を検討しているようなケースでは、同じ家でトイレを利用する他の家族の意見などについても確認しなければなりません。おばあちゃんは快適に使えるけれど小さな子供にとって安全性にかける工事などはよく検討しなければならないでしょう。

介護を受けている方はケアマネージャーや理学療法士にも相談しながら検討してみてくださいね。

まとめ

トイレをバリアフリーにリフォームする際のポイントなどについてご紹介しました。ただ工事をすれば使いやすくなるというわけではないので、注意しておかなければなりません。より快適な空間にするためにも今回ご紹介した記事を役立ててみてくださいね。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】