マンションのトイレリフォームする際に気を付けたいこと

マンションにお住まいの方の中で、トイレのリフォームを考えている人も多いのではないでしょうか。
マンションでトイレのリフォームをする際は、いくつか気を付けなければいけないことがあります。
ここでは気を付けたいことを紹介しますので、これから予定している方は参考にしてみてください。

排水について

マンションのトイレを改造する際、気を付けたい点のひとつが排水の問題です。
もともと集合住宅でもあり、特にお手洗いは給排水を伴う水回りですので、排水については十分に注意する必要があります。
一般的に、便器の排水には「床排水」と「壁排水」の2つの種類に分類できます。
壁排水を使用しているところもありますが、マンションで多いのは床排水です。
分からない場合は一度、便器の後ろを確認してみてください。
便器の後ろ部分から壁との間に太く大きな排水管がある場合は、壁排水タイプになります。
これからリフォームを予定している方や新たに便器の設置を予定している方は、現在、使用している便器と同じ排水方式のものを選ぶようにしてください。
排水については素人では判断が難しいこともありますが、以下のように床排水と壁排水、それぞれの特徴を掴んでおけば分かりやすいのではないかと思います。

床排水と壁排水について

ここで、床排水と壁排水、それぞれの特徴を見てみましょう。
まずは床排水です。
1995年以降に建てられた物件は、距離が200mmに固定された床排水が採用されていることが多いです。
その一方で、それ以前に設置されたものは距離が固定されておらず、様々な距離の便器がありますので注意しておきましょう。
つまり、実際に交換可能な便器には制限があるというわけです。
一方、壁排水タイプは、壁に接続されている排水管を通って水が流れるものです。
上記でも申し上げた通り、排水管は便器の奥の部分からトイレの壁に向かって接続されているのが特徴です。
そのため、見ればすぐに分かると思います。
壁排水タイプの場合、便器の後方部分にある壁から排水管までの距離が一定のものが多いのが特徴です。
具体的には、「120mm」、「148mm」、「155mm」のタイプがほとんどですので、交換する際は同じタイプから選ぶようにしてください。

タンクレスタイプの便器について

マンションのトイレを改造する方で、タンクレスタイプの便器を希望する人も多いのではないでしょうか。
タンクレスタイプはメリットが多いので、リフォームの際に仕替える人も少なくありません。
ただ、タンクレスタイプの便器を設置する際は注意する点があります。
タンクレスタイプの便器を水圧の問題があり、水圧が低いと上手く稼働しないことがあるからです。
そのため高層階になればなるほど水圧が低くなりますので、設置する際は気を付ける必要があります。
ただ、最近は事情が変わってきているようです。
現在のタンクレスタイプの便器は、排水の加圧装置などを利用して水圧を補えば、たとえ高層階であってもタンクレスタイプを利用できる場合があるようです。
必ず設置できるとは限りませんので、高層階にお住まいの方でタンクレスタイプの便器を希望する方は、リフォーム会社とよく相談して決めるようにしてください。
業者によっては、マンションでもタンクレスタイプの便器の設置が可能なところもあります。
ですので、事前にホームページなどで確認しておくのもひとつの方法です。

リフォーム会社とよく相談して決めましょう

マンションでのトイレの改造を行う際は、いくつか注意する点があります。
集合住宅であるがゆえの宿命でもありますが、最近はタンクレスタイプの便器の設置も可能になるなど、以前より進化しているのも事実です。
これからリフォームを予定している方は、業者とよく相談して決めることをオススメします。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

               
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県
【対応エリア拡大中!】