トイレの水漏れが起こった際の自分で行う修理方法

家庭の中でも毎日使用するトイレは水漏れを起こすと使用できなくなってしまいます。
生活にも支障をきたしてしまうため、すぐに対処しなければなりません。
業者を呼ぶ方法もありますが、自分で対処できる方法もあります。
正しいやり方を知っておけば、早く対処して再度使用できるようになります。
慌てずゆっくりと対処することが大切です。

トイレタンクの修理方法

タンクとパイプが連結している部分が水漏れを起こしている場合、連結部分のナットが緩んでいないかチェックします。
緩みがあれば工具で締め直してみます。また連結部分のパッキンが劣化している場合、ホームセンターで同じ種類のパッキンを購入して取り換えます。

便器内に水が流れ続けて止まらない場合、タンク内の給水装置が不具合を起こしていることがあります。
この場合タンクの蓋を開けてタンク内の機器がずれていないかチェックしてみます。
ずれを調整し、正しい位置に戻すことでトイレの水が流れ続ける症状が止まります。

ただ手作業で症状が止まらない場合、ゴムフロートやボールタップが劣化を起こしている場合もあります。
この場合ホームセンターで同じタイプを購入して取り換えます。

床の水漏れの修理方法

床が濡れている場合、原因が特定しにくいものです。
そのため、一旦応急処置として濡れている部分に乾いたタオルを置きます。
一晩放置してみると、タオルの塗れ具合によって不具合を起こしている部分を特定できます。

配管の接続部分から水が漏れている場合、連結部分のパッキンの劣化が起こっていることが多いものです。
この場合は新品を取り換えます。またナットの緩みが起こっていないかチェックし、緩んでいれば工具で締め直します。

便器の水漏れが起こっている場合

便器周辺が濡れている場合、トイレから水が漏れていることがあります。
この場合にはトイレタンクと便器の連結部分にある部品が劣化している場合があります。
この場合には劣化した部品を新品と取り換えます。
ただ中には特殊な部品が使用されている場合があります。
この場合にはホームセンターなどで購入が難しいため、修理を行う業者に連絡したほうがいいでしょう。

便器にひびが入っていたり破損していることが原因で水が漏れてしまう場合、速やかに修理業者に連絡したほうがいいといえます。
ただ応急処置的に自分で対処したい場合には、市販のパテを使用し、ひびや破損が起こっている部分にふたをします。
これによってしばらくは水が漏れることもありません。

自分で対処する前にしておきたいこと

自分で不具合を起こしている部分を直したいとき、慌てずに止水栓をまず閉めるようにしてください。
止水栓は水道の元栓ですが、止水栓を止めることで漏れている状態が悪化することを防止できます。

止水栓を止めたら水漏れを起こしている部分をチェックしなければなりませんが、ウォシュレットから水の漏れが起こっている場合は自分で対処することは避けてください。
ウォシュレットは専門の業者が対応しないと症状が悪化することが多くあります。

自分で対処できる部分だけ直すことが大切

トイレでは様々な部位から水漏れを起こしてしまうため、日常的にトラブルが起こりやすい場所といえます。
そんな時には自分で対処できるかどうかを早急に確認しなければなりません。
パッキンの取り換えや部品を閉め直すなどは自分でもできるものですが、ウォシュレットなど自己判断で作業をすると被害が拡大することもあるので、その場合には修理業者に任せるようにしてください。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】