トイレからの水漏れが止まらない原因

トイレからの水漏れが止まらない原因はどのように理解しておくのがいいのでしょうか?
老朽化したトイレはいろいろな箇所にトラブルが起きやすくなっていますので、まずは自力で点検をしてみることがお勧めです。
自力点検に必要な道具はいざという場合に備えて用意しておくことがお勧めです。

まずはネジをしめる

トイレからの水漏れが止まらない場合には、トイレに使われているパイプ部分のネジが緩んでいる可能性がありますので、まずは締めなおしてみるといいでしょう。
ネジの締めなおしをする場合には必ず専用の工具を使うようにしなくてはなりません。
また、ネジを締め付けすぎてしまうと逆にパイプを破損してしまうことも起きてしまいますので、適度な力でネジを締めなくてはなりません。

パイプ部分に使われているゴム製のパッキンが劣化してしまって水漏れが起きてしまっていることも考えられます。
パッキンの交換作業はそれほど難しい物ではありませんが、交換をする場合には必ずバケツや雑巾を用意して、パイプからの水漏れに備えなくてはなりません。

トイレの老朽化

トイレの老朽化によってトイレの水漏れが起きることもあります。
かなり丈夫に作られているのであまり考えられませんが、便器が破損してしまうと破損部分から水漏れが起きることになります。
このようなケースでは便器を新しい物に交換すれば水漏れは解消します。
一方でトイレのパイプが詰まってしまっている場合にも水漏れが起きてしまいます。
パイプのつまりは初期的な状態では量販店などに売っている道具で解決することが出来る場合もありますが、深刻な状態になってしまうとパイプ自体の交換が必要になります。
パイプの交換作業は非常に煩雑な作業になりますので、専門の工事業者に依頼するしかありません。
交換修理は半日もあれば完了します。
トイレから水漏れが起きてしまっている間はトイレを利用することが非常に難しい状態になっていますので、出来る限り迅速に修理をしてくれる業者にトイレの修理を依頼することが必要です。
修理が完了する時期も確認しておくようにするといいでしょう。

繰り返さないために

トイレからの水漏れはネジなどの緩みを除くとトイレの老朽化によって起こることが多い物です。
トイレは使っている間にだんだんと劣化をしてしまいます。
10年ごとに新しいトイレに交換することが必要になりますので、定期的にリフォームをすることが求められます。
リフォームをする場合にはできるだけ最新機能を搭載したものを導入するとトイレを快適に使うことが可能になります。
また、トイレに汚れが溜まってしまうとそれによって劣化が進んでしまうことも考えられます。
こまめに掃除をするようにすることが肝要です。
また、例えば半年に1度の割合でプロの業者にトイレのメンテナンスをしてもらうようにしてみてもいいでしょう。
トイレがつまり易くなってしまうと水漏れが起きやすくなってしまいますので、紙を流す量を減らすためにウォシュレットを導入してみてもいいでしょう。

まとめ

トイレからの水漏れが起きている場合には、ネジやパッキン部分のトラブルの可能性をまずは確認してみることが必要です。
該当しない場合には、トイレの老朽化によるパイプのつまりが原因であることが考えられますので、パイプの交換を検討しなくてはならなくなります。
新しいパイプは基本的に10年程度は安定に使うことができますが、メンテナンスを怠ると10年経たないうちに正常に使うことが出来なくなってしまって、水漏れを起こしてしまうこともあります。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】