トイレからの水漏れが止まらない場合の対処法

トイレからも水漏れが止まらない場合の対処法はどのように考えておくのがいいのでしょうか?
トイレの状態によって対処法が異なってきます。
自分でやれることとやれないことを把握しておくことが必要です。

自分でやれること

トイレからの水漏れが止まらない場合には、まずは水道の元栓を閉めることが必要です。
必要な道具を持っているのであれば、それほど難しい作業ではありません。
床や壁に水がついてしまうと大きな損傷になってしまいますので、水漏れに気が付いたらすぐに元栓をストップすることが必要です。

元栓をしめたら、トイレのパイプに使われているネジの緩みを確認してみるといいでしょう。
緩みがある場合には専用の工具を使ってしっかりと閉めなおすようにすることが肝要です。
また、トイレの配管部分にパッキンが使われている場合にはそれを新しい物に交換してみてもいいでしょう。
パッキンの交換をする場合には、パイプから汚水が流れ出ることもありますので、掃除用具をあらかじめ用意しておくことがお勧めです。

自分でやれないこと

トイレの便器が故障してしまって、それによって水漏れが起きている場合には便器の交換が必要になります。
便器の交換はかなり難しい工事が必要になりますので、自分で行うことはやめて工事業者に御願いすることが必要です。
また、トイレの配管に物がつまってしまってそれによって水漏れが起きてしまっている場合には、配管を新しい物にしなくてはなりません。
この場合も工事業者に依頼することが必要です。
いずれの工事の場合も工事時代は半日程度で終了しますので、出来るだけ最短で工事を終了させてくれる工事業者を探して見るようにするといいでしょう。
お勧めなのは24時間年中無休で対応してくれる業者です。
このようなタイプの工事業者はネットなどを検索すると比較的簡単に見つけることができるはずです。

普段からできること

トイレの便器が破損してしまわないように、普段からできるだけ大きな衝撃を与えないように注意するようにするといいでしょう。
また、パイプのつまりが起きにくくなるようにトイレの掃除は毎日欠かさずに行うこともおすすめです。
トイレの汚れは細菌の繁殖を引き起こしてしまって、パイプの劣化を引き起こしてしまう原因になります。
常にトイレの便器はクリーンな状態にすることが肝要です。
たとえば最新式の抗菌タイプの便器を導入してみてもいいでしょう。
また、ウオッシュレットを導入すると紙の使用量が大幅にへりますので、トイレのパイプが詰まりにくくなりますので、検討して見てもいいでしょう。
トイレのつまりを解消するグッズを100均などで購入しておいて、少しでもパイプが詰まっている様でしたら、直ぐに対応するようにすることも必要です。
完全に詰まってしまうと回復させることはほとんど不可能になってしまいます。

まとめ

トイレの水漏れが止まらない場合には水道の元栓を閉めて、水による被害を最小限にすることから始めなくてはなりません。
先ずは自分の力でやることが出来る修理法を確かめて見ることがお勧めです。
効果がみられないようでしたら、修理業者に依頼をしてトイレの修理を進めていくことを考えなくてはなりません。
普段からトイレにトラブルができるだけ起きないようにするためにトイレをきれいに使って行くことを心がけると良いでしょう。
ウオッシュレット機能を搭載してみたりパイプのつまりを解消するためのグッズを購入して、パイプのつまりを予防するようにすることもおすすめです。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】