トイレのウォシュレットの水漏れへの対処法

トイレのウォシュレットからの水漏れが起きている時には迅速な対応が求められます。
水が漏れた状態ですと、トイレを使うことが出来ませんし、また、漏れ出た水によって家屋にダメージを与えてしまうことも考えられます。
できるだけ迅速な対応が求められます。

まずは元栓をしめる

トイレのウォシュレットからの水漏れが起きている時には水道の元栓をまずは閉めることが求められます。
水漏れの状態をそのままにしておくと床や壁などを損傷してしまうことが起きてしまうからです。
水道の元栓は専用の工具があれば簡単に閉めることが可能です。
しかしながら、そうでない場合には配管を破損してしまうことも考えられますので、その点は注意が必要です。
もしも不明の点がある場合には必ず水道業者に問い合わせて見ることが必要です。
水道を壊してしまう可能性は絶対に避けなくてはなりません。

修理業者に連絡する

水道の元栓を閉めた状態で、出来るだけ迅速に修理業者にウォシュレットの状態を確認してもらうようにすることがお勧めです。
重要なポイントは何が原因で装置に異変が起きてしまっているのか?を明らかにすることです。
その原因に対して自力で修理をすることが出来るのであれば、自力で修理をしてもいいですが、それが難しい場合には修理を業者に依頼することが肝要です。
装置がトイレの便器に内臓しているような場合には、トイレの便器ごと交換することが必要になります。
予算的な余裕があるのでしたら、抗菌タイプの便器に交換してしまえば、掃除を効率よくすることが出来るようになるはずです。
また、トイレのパイプの劣化がある場合には、パイプを新しい物に交換してみてもいいでしょう。
水漏れの状態が続いてしまうと色々と不都合なことが起きてしまいますので、24時間対応の水道業者にコンタクトをして修理方法を相談するようにしなくてはなりません。

他の箇所のトラブルの確認

トイレのウォシュレットからの水漏れが起きている時には念のためにトイレの他の箇所からの水漏れも確認しておくことがお勧めです。
トイレの配管からの水漏れの確認は専門の業者でなくてはできないものです。
トイレの配管は家の中のいろいろなところに存在していますので、そのすべての箇所での水漏れを確認してもらうようにすることが肝要です。
うっかり水漏れを見落としてしまって、放置してしまうと家の壁や床を交換する羽目になってしまうかもしれません。
最悪の場合には家の土台が壊れてしまい、かなり大掛かりな家のリフォーム作業が必要になることも考えられます。
ウオッシュレットだけの交換であれば費用はそれほど掛かりませんが、家のリフォームとなるとかなりの出費を余儀なくされてしまいますので、水漏れが起きた場合にはケアフルな対応を常に考えておくようにすることが必要です。

まとめ

トイレのウォシュレットからの水漏れが起きている時にはまずは、水による二次的な被害を最小限にするために水道の元栓を閉める事が必要です。
水道の元栓を閉めた状態で、専門の水道業者にコンタクトをして、水漏れの原因を究明して、それに対してのしかるべき対応をすることになります。
水漏れが起きてしまっている箇所は必ずしもウオッシュレット部分だけではありませんので、必ずトイレの配管全体の確認をすることも必要です。
東レの配管からの水漏れ確認を怠ってしまうと家屋の土台にダメージを与えてしまって、莫大な修理代金を支払うことになってしまうこともあり得ます。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】