トイレタンクからの水漏れの対処法

トイレタンクから水漏れが起きている場合の対処法はどのように把握しておくのがいいのでしょうか?
適切な対処法をしておかないと家全体を壊してしまうこともあり得ますので、常にきちんとした手順で対応しなくてはなりません。
まさに備えあれば憂いなしです。

パッキンの交換修理

トイレタンクから水漏れがある場合には、配管の接合部のネジが緩んでいる場合が考えられます。
専用の工具を使ってネジの緩みを確認してみるといいでしょう。
専用の工具は量販店などで購入することができますので常備しておくようにするといいでしょう。
工具を使ってネジを締める場合には適度な感じで調節しなくてはなりません。
あまりにも強くネジを締めてしまうと逆に配管を破損してしまうことが起きてしまうからです。

トイレタンクの配管の接合部に使われているパッキンが劣化しているために水漏れが起きてしまうことも考えられます。
この場合はパッキンを交換すれば水漏れは解消することになります。
パッキンも量販店で購入することができますので、自力で交換することができます。
しかしながら、正し知識及び方法で交換をしないと再び水漏れのトラブルに会うことになりますので、注意が必要です。
不安がある時には水道屋さんに修理を依頼してもいいでしょう。

配管の交換修理

トイレタンクからの水漏れがある場合には、配管の接合部分が破損していることが考えられます。
塩ビ管の場合には配管を購入すれば同様に自力で交換することもできます。
交換する場合には必ず同じ部品を購入して行うことが必要です。
適切ではない部品をつかってしまうとトラブルの原因になってしまいます。
簡単な交換修理以外の場合には自力でやることは避けて、水道屋さんに修理を依頼したほうが安全かつ確実な修理を行うことが出来るようになりますのでお勧めです。

トイレタンクに金属製の配管が用いられている場合には、自力で交換することは避けたほうが無難です。
塩ビ管の様な感じにはなりません。かなり高度な工事テクが必要になりますので、水道屋に修理をお願いしてみるべきです。

トイレのリフォーム

トイレタンクからの水漏れが起きてしまっている場合には念のためにトイレ全体のメンテナンスを業者に依頼してみることが必要です。
場合によってはトイレの他の箇所から水漏れが起きてしまっていることも考えられるからです。
トイレは老朽化してしまうと色々な箇所でトラブルが起きやすくなってしまいます。
トラブルはもちろん修理によって対応することはできますが、トラブルが頻発するようになるのは、ストレスフルなものです。
トイレをリフォームして新しい物に交換してしまえば、水漏れなどのトラブルの頻度を大幅に減らすことが可能になりますので、お勧めです。
新しいトイレは最新式の機能が搭載されていますので、快適に用を足すことも可能になるはずです。

まとめ

トイレタンクから水漏れが起きている場合には、配管部分のネジの緩みの有無をまずは確認してみるといいでしょう。
パッキンが劣化していて水漏れをしている場合には、パッキンを交換することが必要です。
それほど難しい修理ではありませんので自力で行って見てもいいでしょう。
自分で行う場合には必ず専用の工具を使わなくてはなりません。
配管自身が破損しているようなケースでは一部の例外を除いて業者に修理を依頼した方が無難です。
トイレの老朽化が考えられる場合にはトイレ全体のリフォームを視野に入れてみてもいいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】