トイレの床が水漏れを引き起こす原因について

家庭の中にある水回りの中で、最も使用する頻度が高い場所がトイレです。
1日の間に何度も使用するためトラブルがあると生活に支障をきたしてしまいます。
トラブルは様々ありますが、その中で特に多いのが水漏れです。
床が濡れるような症状も大きなトラブルですが、これはどういった原因があるのでしょうか。
もしもに備えて知っておくことが大切です。

トイレタンクにトラブルが起こっている

床が濡れてしまう原因としてタンクのトラブルも多くあります。
接続部分のナットが緩んでいることで起こることがあります。
また接続部分のパッキンが劣化することで水が漏れてしまうこともあります。
給水栓とタンクの接続部分から水漏れが起これば、ぽたぽたと落ちてしまい、濡れている状態が見られます。

またタンクにひびや亀裂が生じてしまうことがあります。
これによって水が漏れてしまいます。
ひびや亀裂は簡単に生じるものではありませんが、経年劣化によって起こることもありますし、何かがタンクに当たってひびや亀裂が生じることもあります。

タンクにトラブルがある場合、亀裂の部分に印をつける、また応急処置としてテープやパテで水が漏れないようにすることが大切です。
その上で水道修理の業者に連絡することが大切です。

トイレの便器が原因によるトラブル

便器には排水を流す排水管がついており、その接続部分から水漏れが起こることが原因で濡れてしまうこともあります。
接続部分のナットが緩んでいることで水が漏れてしまうケースもありますし、パッキンの経年劣化によって水が漏れるケースも見られます。

排水管に亀裂が生じてしまうと水漏れが起こり、濡れてしまうこともあります。
これは経年劣化による場合もありますし、何らかが排水管に当たって衝撃によって亀裂が生じてしまうこともあります。

便器自体に亀裂やひびが生じてしまい、それによって水漏れが起こることがあります。
便器は毎日何度も座るため、負担がかかりやすいものです。
そのため年月の経過によってひびが入ったりすることもあります。それによって足元が濡れてしまいます。

トイレのトラブルとは違う原因について

床が濡れてしまうのは単にトラブルではなく、結露によるものも場合もあります。
冬場になると結露が起こり、濡れているように見えることもありえます。
トラブルがあったら早急に対応しなければなりませんが、冬季の場合は結露ではないかチェックすることが大切です。

ウォシュレットを使用した際にノズルから出た水が飛び散ってしまい、足元が濡れてしまうことがあります。
この時に思わずトラブルが起こってしまったのではないかと思いがちです。
この場合は次回にまた足元が濡れていないか冷静にチェックすることが大切です。

また単に排尿をした際に足元に尿が飛び散ってしまい、トラブルが起こったと勘違いしてしまうこともあります。
この場合にはチェックは難しくありません。お掃除シートなどで濡れている部分を拭き取ってみると、尿の場合には着色があります。
これによって尿によるものかどうかが判断できます。

床が濡れたらすぐにチェックを

実際には様々なことによってトイレの床が濡れてしまうことがあるものです。
ただトラブルが起こっていない場合にも濡れてしまうことがあります。
そのため床のどの位置が濡れているのかをまず確認しなければなりません。
また何度かトイレを使用して同じ症状が見られるのであれば、濡れている場所の周辺をチェックするようにしましょう。
その上で早急に行動し、水漏れの修理が必要であれば、水道修理を行う業者に速やかに連絡をしましょう。
日常的に水が漏れていないかどうか、定期的にチェックをすることが何よりも大切です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】