トイレがつまってしまう様々な原因

トイレは毎日使用する場所なだけに、急につまってしまうと慌ててしまいますし、使えなくなると生活に支障をきたしてしまいます。
そのためトラブルが起こらないように、あらかじめトラブルの原因を知っておく必要があります。
ただそれは1つではなく、いろんなケースがあります。
また適切な使い方をしていないことも原因となってしまいます。

トイレットペーパーがつまってしまう

トイレットペーパーは基本的には水に溶けるために流しても構わないものですが、タイプによってはつまりやすくなっています。
例えば海外製品は日本の製品に比べて溶けにくく、排水管でたまってしまい、水が流れにくくなってしまうものがあります。

日本製の商品でも大量に流してしまうと、排水管の中で溜まってしまうことがあります。
一度に多く使用するとこのようなことが起こるため、日本製だからと安心するのではなく、少しずつ流すようにしなければなりません。

他のペーパーが原因となるケース

流してはいけないペーパーを流すと多く排水管の中で溜まってしまい、つまってしまうことがあります。
ティッシュペーパーは流してはいけないものですが、知らずに流してしまう場合もあります。
特にティッシュペーパーが水に溶けにくいことを知らないと、つい何度も流してしまうようになります。
これを繰り返していると排水管の中でつまったままになり、いずれつまりが生じてしまいます。

専用のペーパー以外で流していいものとしてはお掃除シートがあります。
掃除用のアイテムですが、これは水に溶けるために基本的には流しても構いません。
ただ一度に流そうとすると排水口の中に溜まって水が流れずつまりの原因となってしまいます。

ペット用の砂を一度に流してしまう

ペット用の砂の中には紙でできたタイプもありますが、これは基本的には流していいものです。
ただ一度に大量の砂を流してしまうとつまりが生じてしまうことがあります。
ペット用の砂は流そうと思うと一気に流れてしまうことがあります。
またその作業が面倒に感じるため、つい一気に流してしまおうと思うことも多いものです。

ペット用の砂は小さい固体ですが、大量に流すと排水管に溜まってしまうことが結構あります。
そのため、少しずつ流していくことが大切です。
またペットの糞などがついていると余計に流れにくくなります。
そのため、糞がついている部分は特に何度かに分けて流すようにしなければなりません。

自宅の築年数が長いことも原因

トイレを長く使用していると排水管に尿石などの汚れが徐々に付着してしまいます。
これによって水が流れなくなってしまうことがあります。
尿石以外の汚れも一緒に溜まっていくため、自宅の築年数が長い場合にはつまりを引き起こすことがあるため、注意が必要です。

専用のクリーナーなどを使用すれば改善が見られる場合もあります。
ただそれでも完全に汚れの除去ができないため、つまってしまうようになります。
こうなった場合には業者に清掃の依頼をしなければなりません。
築年数の古い家では定期的に排水管の点検を行った方がいいでしょう。
そうすれば急にトイレが使用できなくなって困るといったことを防止できます。

正しく適切にトイレを使おう

トイレのつまりはいろんなケースによって引き起こされます。
ティッシュペーパー以外にも生理用品やおむつなど、流してはいけないものがあります。
こういったものは絶対に流さないようにしなければなりません。
また流していいものであっても、大量に流してしまうとつまりの原因になります。
正しい使い方を知るとともに、大量に流すといったことを避けていけば、トラブルの急な発生を防ぐことができます。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】