トイレのつまりからくる症状とは

トイレのつまりが起きてしまうと色々な症状が出てくる可能性を考えておかなくてはなりません。
場合によっては家を破損してしまう可能性も考えられますので、トイレがつまったらできるだけ迅速な対処が必要になります。
夜間や休日の場合には24時間対応の業者に修理の相談をすると良いでしょう。

トイレのつまりとは

トイレのつまりはトイレのパイプに何かがつまってしまう状態の事を意味しています。
トイレの配管が腐食してしまうと紙などが詰まりやすくなってしまいます。
パイプは使っている間にだんだんと腐食が進みますので古いトイレはつまりやすくなります。
トイレがつまったら、まずはトイレに沢山の水を流して見ることがお勧めです。
ちょっとしたつまりでしたら、多量の水を流すことでつまりが水圧によって解消するようになるからです。
トイレに流す水は温度が高い方が一般的に効果的ですので、お湯を流すようにすると良いでしょう。

トイレがつまってしまうもう一つの理由としては、水量が不足しているということも考えられます。
トイレの容量にマッチした水量でなければ完全に用便を流しきれないことが想定されるからです。
トイレの水量を調整することはそれほど難しい物ではありません。
正しい知識と工具があれば自分でも行うことができます。
また、どのようにして水量を調整すればいいのかわからない場合には、専門の業者に依頼して調整してもらうようにしてもいいでしょう。

つまりを防止する方法とは

トイレのつまりを防止する方法としてはできるだけ多量のものを一度に流さないようにすることがお勧めです。
こまめに水を流せばつまりにくくなります。
また、トイレのパイプ部分が劣化してしまうとつまりの原因になります。
パイプ内で細菌などが繁殖しないようにすることが肝要です。
掃除をこまめに行っておくと細菌の繁殖を防ぐことが出来るようになりますので、パイプの劣化を防ぐことが可能になります。
ウォッシュレット機能を搭載すると紙の使用量を減らすことができますのでお勧めです。
古くなったトイレは必然的に詰まりやすくなりますので、7-8年トイレを使ったら新しいタイプのトイレにリニューアルしてみてもいいでしょう。

水漏れケアも忘れずに

トイレのつまりが起きてしまうと、つまりを解消することばかりに気がいってしまいますが、間接的にトイレのパイプから水漏れが起きてしまうことも考えられます。
トイレのパイプからの水漏れチェックはプロの業者でないと行うことが困難ですので、トイレのつまりが起きている場合には念のためパイプのつまりについての検査を業者に行ってもらうようにするといいでしょう。
水漏れをそのままにしておくと家に大きなダメージを与えてしまって、家の修理が必要になってしまうことも出て来ます。
その場合には莫大な修理費用が必要になりますので、パイプからの水漏れの有無の確認はできるだけ早く行うことが必要です。
パイプの交換修理は非常に難しい修理になりますので、プロの業者に委託することになります。
自分で交換するのはほとんど不可能です。

まとめ

トイレのつまりはトイレの水量が不足している場合とトイレのパイプに何かがつまっている場合が考えられます。
パイプのつまりは軽度な症状を除いて自分で改善することが不可能ですので、プロの業者に修理を依頼することがお勧めです。
またトイレのつまりに付随して、水漏れが起きている可能性も考えられますので、業者に水漏れの有無を確認してもらうことも必要です。
水漏れの状態をそのままにしてしまうと家自体の修理が必要になってしまうことも考えられます。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】