トイレのつまりを自分で修理するための方法

トイレのつまりは自分で修理することもできます。
つまりの症状が軽いうちは自分で修理することもできますので、その方法を覚えて置くと良いでしょう。
トイレの詰まりを解消するための道具も販売されていますので、ちょっとでもトイレの詰まりの兆候が見えたら解消するようにすることが肝要です。

トイレのつまりを感じたら

トイレのつまりは徐々に進行します。
普段よりも水が流れにくくなったと感じたらできるだけすぐにその状態の解消をすることがお勧めです。
そのままにしておくとつまりがどんどん悪化してしまいますので、ついには完全に詰まってしまうことになります。
完全に詰まった状態のトイレは専門の業者による大掛かりな工事が必要になります。
100均ショップなどでトイレの詰まりを解消するための道具が販売されていますのでそれを上手く使って行くようにすると良いでしょう。
また、水の量を増やして詰まりにくくしてもいいでしょう。
また、大量のものを流す必要がある場合には、こまめに何回も水を流すようにしてもいいでしょう。
お湯などを流すとつまりが解消する場合もありますので、定期的に温かいお湯を流してみてもいいでしょう。

トイレの掃除も必要

トイレのパイプが劣化してしまうとトイレがつまりやすくなってしまいます。
トイレの掃除は欠かさすに行っておくべきです。
トイレが汚れてしまっていると細菌の繁殖が起こってしまって、結果としてトイレのパイプが劣化して詰まりやすくなってしまいます。
一方でウオッシュレットタイプのトイレですと紙を流す量を減らすことができますので東レのつまりを間接的に解消することが可能になります。
外付けタイプのものも販売されていますので、活用してみてもいいでしょう。
トイレを新しくする場合には抗菌加工の便器にしておくといいでしょう。
最近が繁殖しにくくなりますので、トイレの劣化を防ぐことができます。
いずれにせよ詰まりやすい物はトイレに流さないようにすることが必要です。
ティッシュペーパーを流さないようにしてトイレットペーパーを流すようにするといいでしょう。

業者に最終的には依頼する

トイレをつまらせないようにすることは非常に重要なことですし、自力でつまりを解消することも非常に便利なことです。
しかしながら、あまりにもひどいトイレのつまりは自力で解決することはできないものです。
そのような場合には業者に依頼をしてトイレの詰まりを解消しなくてはなりません。
トイレは段々と詰まりやすくなってしまう物です。
業者にトイレの状態を確認してもらって、パイプ部分の劣化が深刻化しているような場合にはパイプがつまってしまうよりも先にトイレを新しい物にリフォームしてしまってもいいでしょう。
新しい機能を搭載したトイレですと、快適にトイレを使うことが出来るようになりますし、更にはパイプは劣化していませんのでつまりに悩まされることも皆無になります。

まとめ

トイレのパイプが劣化すると詰まりやすくなってしまいます。
トイレのパイプが詰まると水漏れの原因になってしまいますので、完全に詰まる前に道具を上手く使って詰まりを解消してみてもいいでしょう。
多量のお湯を流すこともつまりの解消に大きな効果を持ってくる場合もあります。
また、トイレットペーパーを必ず使うようにすることもおすすめです。
紙の使用量をへらすためにウオッシュレット機能を搭載してみてもいいでしょう。
トイレはつまらないことに越したことはありませんが、完全につまってしまったら、その時はパイプの交換のタイミングですので専門の業者に修理を依頼することが必要になります。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】