トイレのつまりを予防する方法

トイレは使っている経年劣化しますので、その為にパイプのつまりが非常に起こりやすくなってしまいます。
トイレという物はそういう物だとあきらめてしまうこともできますが、トイレのつまりを予防する方法を知っていれば、経年劣化をしたトイレであっても快適に使うことが出来るようになるはずです。

トイレのつまりの対処方法

トイレのつまりを予防する方法としてトイレにつまり易い物を流さないということが考えられます。
トイレットペーパーはトイレ用に作られていますのでトイレのつまりの原因になることはほとんどないのですが、ティッシュペーパーはトイレ用には作られていませんので場合によってはトイレのつまりの原因になってしまいます。
またトイレットペーパーであってもあまりにも多量のものを流してしまうとつまってしまうことも考えられますので、ウオッシュレット機能を搭載してみるのもお勧めです。
多量のものを流す場合には一度にすべてを流すのではなくて、こまめに流すようにしてもいいでしょう。
水量が十分ではないと流れにくくなってしまうこともありますので水量の調整をしてみてもいいでしょう。
量販店ではトイレのつまりを解決してくれる道具が売られていますので、それをこまめに使うとちょっとしたつまりの場合には解決することが可能になります。
しかしながら完全にトイレがつまった場合には、自力でそれを解決することは不可能といえます。

業者にコンタクトする

トイレが完全につまってしまったら、すぐに業者に連絡をして修理の相談をすることが必要となります。
トイレが使えないのは精神衛生上よくないので、出来る限り迅速に修理をしてくれる業者を探さなくてはなりません。
24時間対応の業者がいますので、電話でコンタクトをすると良いでしょう。
電話で症状を伝えれば、応急処置の方法を伝えてくれるはずです。
応急処置をしたうえで、業者に来てもらって現場を確認しながら修理のうち相談をするのが最良の方法です。
一番重要なことはいつから修理が始まっていつまでにそれが完了するかという事です。
併せて修理に必要な費用も確認しておくといいでしょう。
見積もりを提示してもらって、費用の詳細を細かく納得できるように説明してもらっておくべきでしょう。

トイレは大事に使う

トイレのつまりは修理によって対応することが可能です。
しかしながら、修理をしている間はトイレが使えなくなってしまいますし、それなりの出費も必要になってしまいます。
普段からトイレは大事に使うようにすることも必要です。
大事にトイレを使っていればトイレの経年劣化を遅らせることが出来るようになりますので、長期間快適に使うことが可能になるはずです。
トイレを大事に使うためには、こまめに掃除をするという事に他なりません。
いつも綺麗なトイレの状態を維持しておけばばい菌などによってトイレが汚染されてしまうこともなくなります。
忙しくてトイレの掃除が難しいという場合にはプロの業者に代わりに掃除をしてもらってもいいでしょう。

まとめ

トイレのつまりを予防するためにはトイレに詰まりやすい物を流さないということがお勧めです。
ウオッシュレット機能を搭載すれば流す紙の量を減らすことが出来ますのでつまりを防止することが可能になります。
また、多量のものを流す場合にはこまめに水を流すという方法も有効です。
トレイの劣化はつまりの原因になりますので、トイレを常に大事に使うことを心がけて掃除を欠かさずに行うようにするといいでしょう。
万が一深刻な詰まりが起きてしまったら、自力で解決するのは難しいので、迅速対応の業者にコンタクトすることを考えるべきです。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】