トイレのつまりに対する応急処置

トイレがつまると少なからず焦ることになりますが、応急処置としてはどのようにするのが一番いいのでしょうか?
トイレが使えないと非常に不便ですので、出来るだけ早く元の状態に回復させることを考えて見るべきでしょう。

とりあえず元栓を閉める

トイレがつまっている状態ですとトイレの配管に大きなプレッシャーがかかってしまっていることが考えられます。
トイレの配管は家の中のいろいろな部分にありますので、そこから水漏れをしてしまっていることも想定されます。
水漏れが起きているかどうかはプロの業者でなければ判定することはできませんが、もしも、水が漏れた状態ですと家屋にダメージを与えてしまう可能性がでてきますので、とりあえず水の元栓を閉めることが肝要です。
元栓は工具があれば簡単に閉めることができますが、素人判断で誤った方法をしてしまうと配管を破損してしまうことも起きてしまいますので、必ず正しい知識の元に元栓を閉めるようにすることが必要です。
わからない時には水道屋に連絡をして方法を問い合わせてみるといいでしょう。
万が一の事態に備えて必要な工具は常備しておくこともおすすめです。
夜間などにトイレのつまりが起きてしまったら、24時間対応の水道修理業者にコンタクトを取ると良いでしょう。

自分で直すことを試みる

トイレのつまりは初期の段階でしたら、自分で修理することも可能です。
たくさんのお湯を便器に流してみるとつまりが改善するかもしれませんのでやってみると良いでしょう。
また、量販店などにはトイレのつまり解消グッズが販売されていますので、それを使ってトイレのつまりを直してみてもいいでしょう。
工具と同じようにトイレのつまり解消グッズもいざという時に備えて購入しておくことがお勧めです。

トイレのつまりはトイレのパイプの老朽化が原因であることが多いので、古くなったトイレを使っている場合には、トイレのつまりに普段から気を付けておくべきです。
多量のものを流すときにはこまめにトイレを流すようにするべきです。
また、トイレのパイプが腐食してしまうと途端につまりやすくなってしまいますので、いつでもトイレは綺麗な状態をキープするようにすることが必要です。
毎日トイレの掃除は欠かさずに行うことが必要です。
トイレットペーパーを多量に流してしまうとつまりの原因になってしまう場合もでてきますので、ウオッシュレット機能をトイレに搭載してみてもいいでしょう。
つまりの原因になりそうなものはできるだけ失くしておくべきでしょう。

どうしても駄目な時は業者に相談する

トイレのつまりが起きてしまって自分で改善を試みても、どうしても駄目ということも考えられます。
完全にトイレがつまった状態になってしまったら、業者にトイレのつまりを相談することが必要です。
パイプが完全に詰まってしまった場合にはすべてを新しい物に交換しなくてはなりません。
交換修理自体は半日もあれば完了しますので、迅速に対応してくれる業者に連絡をして、一刻も早く不便な状態を解消するようにすることがお勧めです。

まとめ

トイレのつまりは初期の段階では応急処置は可能ですが、完全につまってしまうとプロに修理をしてもらわなくてはならなくなります。
老朽化したトイレは非常につまりやすくなっていますので、できるかぎりトイレがつまらないようにする工夫を普段から考えておくべきです。
トイレは普段から清潔に保つようにすることも必要です。
また多量のものを流すときにはこまめに水を流すようにすることもおすすめです。
トイレのつまりを解消するためのグッズは常備しておくようにするといいでしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】