トイレのつまりからくる被害とは

トイレのつまりはトイレが使えなくなってしまうことになりますので非常に不便なことですが、それに付随して色々な被害が起きてしまうことが考えられます。
トイレのつまりに対しては常に迅速な対応を心がけておけば、被害を最小限に抑えることができます。

トイレのつまりの問題点

トイレがつまってしまうとトイレの便器の中が非常に不衛生な状態になってしまいます。
場合によってはそこから悪臭が発生をすることになってしまい、健康を損ねてしまうことも考えられます。
また、最近や昆虫などが発生してしまって、それによって不衛生な状態になってしまうことも考えられます。
家族に高齢者や小さなお子さんがいる場合には深刻な病気になってしまう可能性もでてきますので、トイレがつまった場合にはできるだけ迅速な対応がお勧めです。
夜間や休日でも対応してくれるトイレ修理業者がいますのでつまりが見つかった段階で相談してみるといいでしょう。
応急処置の方法もその際に問い合わせておけば被害を最小限にすることも可能です。
トイレのつまりを解消するための道具は市販されていますので、業者に連絡するのと同時にそれを試してみてもいいでしょう。
とにかく一刻も早くつまりの症状を改善することを考えなくてはなりません。

床と壁の損傷

トイレのつまりはトイレを快適に使えなくなるだけですまない場合があります。
トイレがつまってしまうとトイレの配管に不要なプレッシャーがかかってしまってそれによってトイレの配管から水漏れが起きてしまうことが考えられます。
トイレの配管は家の床や壁などの内部を通っていることもありますので、水が染み出してしまって、壁や床を破損してしまうことも考えられます。
壁や床は元来水が染み出さない仕様になっていますので、水が染み出してしまうと色が変わってしまうことになり、交換工事をすることになってしまいます。
かなりの費用が必要になります。
壁や床の内部の水漏れを確認することは一般人には非常に難しいことですので、トイレのつまりがおきたら、念のため業者に依頼をしてパイプからの水漏れを隈なくチェックしてもらうようにするといいでしょう。

家屋の修理

壁や床の交換よりも深刻なのが、パイプからの水漏れによる家の土台の破損です。
長期間水漏れの状態を放置してしまうと、家の土台がガタガタにしてしまうことも考えられます。
家の土台が壊れてしまうと非常に危険な状態になってしまいます。
例えば地震などの時に家が全壊してしまうようなケースもでてきます。
そのような悲惨な事態にならないようにするためには、トイレのつまりが起きた場合には家全体のパイプからの水漏れをチェックしてもらって、水漏れがある場合にはパイプを新しい物に交換することが必要です。

トイレのつまりは古くなったトイレで頻繁に起こる現象ですので、自分が使っているトイレが古くなってしまったら、新しい物に交換することもおすすめです。
一般的にトイレの交換は10年単位で行うことがお勧めです。
新しいトイレにすれば、使いやすくなりますし、といれのつまりのトラブルも起きにくくなるはずです。

まとめ

トイレのつまりはトイレのパイプを交換すれば簡単に修理をすることが出来るものではあるのですが、トイレのつまりが原因でトイレのパイプからの水漏れが起きてしまうことが考えられます。
トイレのパイプからの水漏れは家屋の壁や床、更には土台を破壊してしまう可能性をもっていますので、トイレのつまりが起きたら、念のために水漏れが起きていないかどうかの確認を専門の水道業者に御願いしてみることが必要です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

現金でもクレジットでもOK!対応カード【VISA/MASTER/JCB/アメリカンエクスプレス 】
※他のカードも取り扱いをしております。
 ご希望の際は、お伺いした作業員にご相談下さい

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/茨城県/栃木県/群馬県/宮城県【対応エリア拡大中!】